ご当地キャラクターとの出会い

ご当地キャラクターを好きになったきっかけ

北海道 ご当地キャラ ずーしーほっきー イカール星人

数年前のわたしはご当地キャラクターにさほど興味がありませんでした。

テレビのバラエティー番組やニュースでふなっしーやくまモンを目にするくらいで、「ご当地キャラクター」という言葉すら知りませんでした。

それがなぜご当地キャラクターにハマってしまったのか。

そのきっかけは3体のご当地キャラクターでした。

2体はインパクト抜群なキャラクターで1体は王道のかわいらしいキャラクターでした。

いつも利用している駅の構内にあるイベントスペース。

そこに白くてお腹がつぶつぶした不思議なキャラクターとイカのキャラクター、
それからかわいらしい雪だるまのキャラクターが立っていました。

とりあえず遠くから3体のキャラクターを観察。

そうだ、友達に「変なのがいるよ!」と写真を撮ろう。

3体をパシャパシャと写真を撮る。

キャラクターを撮るだけでなく、一緒に写真を撮ってもらっている人がいることに気付きました。

わたしも勇気を出して「一緒に写真を撮ってもらってもいいですか?」とキャラクターの近くにいる方(後にアテンドさんと呼ぶのだと知る)にお願いして写真を撮ってもらいました。

写真を撮ってもらった時に観光のパンフレットをたくさんいただいたのですが、そのパンフレットによると白くてお腹がつぶつぶしたキャラクターは「ずーしーほっきー」イカの姿をしたキャラクターは「イカール星人」かわいらしい雪だるまのキャラクターは「どこでもユキちゃん」という名前だと知りました。

3体のキャラクターに出会ったのは2015年の6月。

2016年の3月26日に開業した北海道新幹線や新幹線の停車駅であり終点となる新函館北斗駅と北海道の物産展のPR活動に来ていたのでした。

3体のキャラクターの中でも特に心惹かれたのが「ずーしーほっきー」でした。

ずーしーほっきーを調べていくうちに「ご当地キャラクター」という存在、「ご当地キャラクターは全国各地にたくさんいる」という事などを知りました。

スケジュールさえ合えばイベントに足をはこぶほどに今となってはご当地キャラクターに夢中になってしまったのですが、
もしもずーしーほっきーやイカール星人、どこでもユキちゃんに偶然出会わなければ「ご当地キャラクター」の存在を知る事も興味を持つ事もなかったのではないか?と考えると3体のキャラクターには感謝をしてもしきれません。

これからも末永くのんびりとご当地キャラクターたちを応援していきたいと思います!

スポンサードリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
336×280