バター餅・うま芋ん・ずーしーほっきーエクレア!物産展で買ったおいしいご当地グルメ

秋田県のご当地キャラクターんだッチも登場した「あきた産直市」で買ったバター餅とうま芋ん

秋田県 ご当地キャラ んだッチ 紹介

秋田県の北秋田市の地域で40年以上前から食べられてきた郷土菓子のバター餅。

バター餅はもち米を一晩水にひたして、バターや小麦粉、卵黄、砂糖などを加えて混ぜ合わせて出来上がります。

バターを入れる事で時間が経っても餅が硬くなりにくく、やわらかい食感が保たれ、冬に狩猟をするマタギたちの間で保存食として重宝されていたようです。

日本全国物産展や第3回ニッポン全国ご当地おやつランキングに秋田県代表として、もちもち三角が参加した事や
テレビのバラエティー番組で紹介された事がきっかけで全国で話題になりました。

産直市の売り子のお姉さんに「焼いたり煮たりせずにそのまま食べれておいしい!」と勧められて購入したバター餅。

お姉さんのいうとおりで、焼いたり煮たりしなくてもそのまま食べられました。口の中で餅がとろけるような柔らかな口当たりでとてもおいしかったです。
焼いて食べる餅とも煮て食べる餅とも違う、今まで食べた事のないような不思議な食感でした。

バター餅だけでなくうま芋んも一緒に購入。
6個入ったパックがあるだけでなく1個からでも好きな数だけ買う事ができました。スイートポテトのような甘くてなめらかな味わいでとてもおいしかったです。

スポンサードリンク

北海道北斗市のご当地キャラクターずーしーほっきーエクレアとシュークリーム

ずーしーほっきー エクレア

ずーしーほっきーがプリントされたチョコレートが目をひくもちもちエクレアともちもちシュークリーム。

エクレアとシュークリームは商品名に「もちもち」と名がついているとおり、生地がもちもちしていて口の中でふわふわしてとろけるような食感でした。

シュークリームはふわふわもちもちの生地と中に入っている北海道産のミルクで作られたカスタードクリームが見事にマッチしていてとてもおいしかったです。

エクレアは生地とカスタードクリームにさらにパリッとしたチョコレートの食感が合わさって、シュークリームとはまた違ったおいしさを味わう事ができました。

もちもちの生地の秘密は北斗市のブランド米であるふっくりんこのようで、米を使うとこんなにもふわふわするのかと驚いてしまいました。

わたしはエクレアとシュークリームを2個ずつ買ったのですが、もっと買っておけばよかったなぁ…と後悔するほどのおいしさでした。

エクレアやシュークリームは北海道北斗市にあるお店「ジョリクレール」とお店のサイトで購入することができます。
サイトではエクレアは取り扱っていませんでしたが、シュークリームは3個入りが570円、8個入りが1520円で購入できるようです。

エクレアやシュークリームの他にもおいしそうなお菓子がたくさんあるので、ぜひ「ジョリクレール」のお店に足を運んでみたり、お店のサイトをのぞいてみてほしいです。

スポンサードリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
336×280