北海道のご当地キャラクター!イカール星人・どこでもユキちゃん・テレビ父さん

函館を侵略する宇宙人!?イカール星人

北海道 ご当地キャラ イカール星人 どこでもユキちゃん

イカール星人は観光PR用WEBムービー「ハコダテ観光ガイド イカール星人来襲中!」に登場したキャラクター。

2008年12月に第1話が公開されました。

宇宙観光都市へと発展した「ハコダテ」
ハコダテは全国有数のイカの消費量を誇っている。
イカばかり食べているハコダテの市民に激怒したイカール星人はハコダテ侵略を開始するのであった。
ハコダテ市民も黙ってはおらず、イカール星人に対抗する。

ハコダテVSイカール星人の攻防戦を壮大に描いたストーリーです。

JR函館駅のすぐ近くにある函館朝市二駅(にえき)市場にイカール星人が祀られているイカール星神社があります。
宇宙パワーでお願いごとが叶う開運神社といわれているとか…?

イカール星神社にお参りをして、神社に併設されているイカール星人公式ショップに立ち寄ってみてもいいかもしれませんね。

北海道新幹線開業PRキャラクターとして誕生した どこでもユキちゃん

北海道 新幹線 ご当地キャラ どこでもユキちゃん 紹介

北海道新幹線開業PRキャラクターを決める人気投票で見事1位に輝いた「どこでもユキちゃん」

どこでもユキちゃんは2位のキャラクターに6408票の差をつけ、10916票獲得しました。

投票総数はなんと19330票でした!

2013年の11月に誕生したどこでもユキちゃんは好奇心旺盛な性格で行動派。

北海道新幹線をPRするキャラクターという事もあって、特に好きな乗り物は新幹線。
新幹線で札幌から鹿児島まで旅するのがどこでもユキちゃんの夢です。

どこでもユキちゃんは雪だるまだけれども暑くても溶けないのが特徴です。

北海道新幹線に寄せるみんなの夢や希望の結晶でどこでもユキちゃんはできているので、どんなに暑くても溶けないのです。

2016年3月26日に開業した北海道新幹線でどこでも行けるようになった事から「どこでもユキちゃん」と名づけられました。

雪だるまママが作ってくれた新幹線をモチーフにしたマフラーと、雪だるまパパがプレゼントしてくれた赤い手袋と長ぐつがどこでもユキちゃんのトレードマークです。

スポンサードリンク

さっぽろテレビ塔の非公式キャラクターテレビ父さん

北海道 ご当地キャラ テレビ父さん 紹介

真っ赤な体と緑色の腹巻、ピーン!と立った1本のツノ、それからチョビヒゲがトレードマークのご当地キャラクター「テレビ父さん」

テレビ父さんはさっぽろテレビ塔がリニューアルした2002年の5月に誕生しました。
誕生当時はおみやげ用のTシャツのデザインでした。

テレビ父さんをデザインしたのは札幌市在住のイラストレーター亀さんという方。テレビ父さんの他にもたくさんのキャラクターをデザインしています。

テレビ父さんは非公式でありながらも人気と知名度は高く、WEBサイトや公式パンフレットなどに起用されたりしています。

テレビ父さんより2ヶ月ほど早く誕生した公式キャラクター「タワッキー」よりもなぜか公式のような扱いを受けているテレビ父さんなのです。

公式キャラクターのタワッキーの活躍をみたい方はテレビ父さんではなく、さっぽろテレビ塔のほうにかけあってみてねとブログにてテレビ父さんから言及が。

テレビ父さんには札幌市時計台の非公式キャラクターである「時計大臣」という仲間がいます。

温泉と仕事が趣味で、特技はスキー、ラーメンと蟹、アイヌ料理の一種であるルイベという食べ物が好物のテレビ父さん。
まさに北海道のキャラクター!という感じがしますね。

北海道新幹線PRイベントで遭遇!

イベントで出会ったテレビ父さんはどっしりとした佇まいとにっこりとした笑顔で癒しのオーラをふりまいていました。

1体でも目立つイカール星人ですが、同じ北海道のご当地キャラクターである北斗市のずーしーほっきーが揃うとインパクトがすごいです!
イカール星人とずーしーほっきーは仲がいいのか、たまにずーしーほっきーがイカール星人のモノマネをしたりします。

どこでもユキちゃんは王道的なかわいさのキャラクターで、首をかしげたしぐさやピョコピョコ手をふる姿がとてもキュートです。

スポンサードリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
336×280