北海道のご当地キャラクター!キーコ

北海道上磯郡木古内町の元気いっぱいなご当地キャラクターキーコ

木古内町 ご当地キャラ キーコ 駅長 紹介

2012年に木古内町のPRをする観光駅長として誕生したご当地キャラクターキーコ。

地元のみなさんやファンからはキーコ駅長と呼ばれて親しまれています。

2016年3月26日の北海道新幹線開業にともなってJR北海道から、北の大地の始発駅といわれる木古内駅の新幹線観光駅長に任命されました。

キーコは東京生まれの都会っこ!?

キーコはデザイナーやプロデューサーとして活躍する山本寛斎さんが代表の「寛斎スーパースタジオ」と木古内町のコラボによって生まれた町の特産品のはこだて和牛をモチーフにしたキャラクターで、
津軽海峡をイメージしたブルーの眼とプリッとしたかわいいおしりについている小さなしっぽがチャームポイント。
お祭りが大好きで目立ちたがり屋の元気な男の子です。

元気いっぱいに地元に根付いた活躍をするキーコ

木古内町のお祭りなどのイベントだけでなく保育園のクリスマス会に参加したり、町の老人クラブ連合会が主催するスポーツレク大会に参加して北海道新幹線開業のPRをおこなったりと観光駅長としての役目をしっかり果たして大活躍のキーコ。

道の駅みそぎの郷きこないにはキーコの名前やキャラクターを使用した「キッチンキーコ」がオープンして連日にぎわっています。

スポンサードリンク

モゥ~ダッシュ!!で北海道内外でPR活動をがんばるキーコ

同じ北海道のご当地キャラクターや青森などの東北のご当地キャラクターとPRイベントに参加する事が多いキーコ。

特に木古内町のおとなりの北斗市のご当地キャラクターずーしーほっきーとPRイベントに参加することが多く、
ずーしーほっきーに頭をポンポン叩かれたり撫でられたりいじられている姿を目撃する事も。

ふっくらとした大きな体でピョンピョン飛び跳ねたり、パフパフとラッパのおもちゃのような音を鳴らしたりとイベントスペースで特産品や町の観光パンフレットを手に取る人や通りかかる人、キーコに話しかける人たちを一生懸命楽しませていました。

PRイベントで見かけるちいさなキーコ

木古内町 ご当地キャラ キーコ ぬいぐるみ

イベントに足をはこぶたぶに目にするちいさなキーコのぬいぐるみ。

公式Facebookや公式ブログでもよくちいさなキーコの写真が掲載されています。

とてもかわいらしくて販売されているならぜひ欲しい!と思いちいさなキーコについて販売されているのかどうか聞いてみました。

小さなキーコは残念ながら非売品との事です。

いつかちいさなキーコのぬいぐるみが販売されたらいいなあとひそかに願っています。

スポンサードリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
336×280