北海道新幹線が開業からもうすぐ1周年!停車駅とご当地キャラクター紹介

2017年3月26日で開業1周年を迎える北海道新幹線

北海道新幹線 東北新幹線E5系 はやぶさ

2016年3月26日に開業した北海道新幹線がもうすぐ1周年を迎えます。

北斗市にある新函館北斗駅をPRしているご当地キャラクターといえばずーしーほっきー、木古内町にある木古内駅をPRしているのはキーコですが他の停車駅をPRして盛り上げているのはどんなご当地キャラクターなのか?

北海道新幹線の停車駅をPRしているご当地キャラクターや停車駅がある場所に関係のあるキャラクターを今回は紹介していきます。

スポンサードリンク

北海道新幹線の停車駅とご当地キャラクター

東京駅

東京都 東京タワー 夜景

東京都にはたくさんのご当地キャラクターや企業のマスコットキャラクターがいますが、千葉県で例えるならチーバくん、熊本県で例えるならばくまモンというような東京都や都知事から正式にPRを任命されたキャラクターは今はまだいないのではないでしょうか。

東京都と聞いて思い浮かぶ東京タワーのイメージキャラクターをご紹介します。

ノッポンは東京タワー開業40周年の記念日となる1998年12月23日に誕生しました。

ノッポンは双子で兄は青、弟は赤の色違いのオーバーオールを着ています。

兄弟ともに名前が「ノッポン」であるため「ノッポン兄」「ノッポン弟」と呼ばれています。

ノッポン兄弟は毎週土日や祝日、春休み、夏休み、冬休みなどに登場して東京タワーの来場者と触れ合ったり一緒に写真を撮ったりしていて、10時から20時の間、1階正面玄関前やロビーなどで会えるようです。

2017年3月18日から20日の間は東京タワーで開催される台湾祭りに出演するため、1階正面玄関前やロビーなどでのふれあいタイムはお休みだそうです。

上野駅

上野駅 パンダ像

上野駅といえばまず思い浮かぶのは上野動物公園でしょうか。

上野観光連盟公認のパンダをモチーフにしたご当地キャラクターうえのパンダくんを紹介します。

2011年2月21日に来園したパンダのリーリーやシンシン、そして上野の街を応援するために誕生したのがうえのパンダくんです。上野周辺でおこなわれるイベントなどで活躍しているようです。

大宮駅

大宮駅開業130周年を記念して誕生したキャラクターまめおとまめこの紹介はこちら

仙台駅

宮城県 仙台市 ご当地キャラクター むすび丸

宮城県のご当地キャラクターむすび丸を紹介します。

2007年3月8日の仙台・宮城デスティネーションキャンペーンで誕生したむすび丸。

2010年4月5日に仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会事務局所属仙台・宮城観光PR担当係長に就任し県内外のPR活動で活躍しています。

盛岡駅

盛岡駅の近くにある開運橋をモチーフにした縁起がよさそうなキャラクター開運かなえちゃんとお友達の開運たまえちゃんを紹介します。

開運かなえちゃんは2009年11月26日に開運を運ぶ妖精として誕生しました。

盛岡駅前商店街を散歩するのが趣味でお友達の開運たまえちゃんと一緒に盛岡商店街のPR活動をがんばっているようです。

開運たまえちゃんは岩手山をモチーフにしていて頭に開運橋をかぶり、胸に抱いている開運神社の鳥居や新幹線、ハートが特徴的なキャラクターです。

新青森駅 奥津軽いまべつ駅

青森県 ご当地キャラクター 北海道新幹線 マギュロウ

いくべぇと一緒にPRイベントに参加する事も多いご当地キャラクターマギュロウを紹介します。

北海道新幹線開業にともない、2016年3月26日に今別町に奥津軽いまべつ駅が開業しました。

函館を中心とする道南の地域と青森全域が観光やビジネス、医療、教育などさまざまな分野で交流を深めていこうというのがλ(ラムダ)プロジェクトで、北海道新幹線開業にともない発足されました。

λ(ラムダ)プロジェクトを盛り上げるキャラクターとして誕生したのがマギュロウです。

マギュロウはイカが大好物で旅をするのが趣味だそうです。

木古内駅

木古内町や木古内駅をPRして盛り上げているご当地キャラクターキーコの紹介はこちら

新函館北斗駅

北斗市や新函館北斗駅をPRして盛り上げているご当地キャラクターずーしーほっきーの紹介はこちら

スポンサードリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
336×280